通信制高校の概要とシステム

日本の通信制高校の実態

バスケットボールゴール通信制高校について、ご紹介します。
通信制高校とは、文字通り「通信による教育を行う課程」のことです。通信制の高校は、全日制・定時制の高校と並ぶ教育課程であり、個々にあったペースで学習をすすめて、高校卒業資格を取得することができます。通信制には、高校を中退した人やすでに働いている人、不登校の生徒など、さまざまな人が通っています。最近では、芸能活動やアスリート活動と学業を両立させるために、そういった活動をされる方が、通信制を選択する傾向もあります。

多くが単位制を導入しています

 通信制高校は、単位制・2学期制を採用している学校が多く、入学は4月と10月に行なわれています。随時募集もあるのですが、入学の時期にあわせて、3月と4月・8月と9月に、新入生を募集することが多くなります。また、転入に関しては、随時募集となっているようです。転入とは、ほかの高校に在籍している生徒が、別の高校に入学することです。前の学校で取得している単位や出席日数によっては、2年次・3年次から転入することが可能であり、同級生と同じ時期に高校を卒業することも可能です。

編入・転入が容易で学習を再開させやすい

 通信制高校は、一般的には転入は可能であり、随時募集の学校と、カリキュラムの都合上、受け入れ時期が決まっている学校もあります。今いる高校が合わない人や、いじめなどが原因で、今の学校には行きたくないけれど、高校卒業資格は欲しい人などの選択肢のひとつとなります。通信制は、全日制よりも全体的にハードルが低く設定されています。
 通信制の卒業時期については、2学期制の学校は4月・10月の入学にあわせて、3月・9月に卒業となる学校が多いようです。必修科目すべての単位取得、または履修認定されている(74単位)ということが、卒業するための条件となります。